カリキュラム

小原流いけばなには、たくさんの表現方法があります。それを段階的に身につけていただくために、次のようなカリキュラムをもうけて、全国どこでも同じ水準の技術を習得できるようにしています。

  • たてるかたち

    たてるかたち

  • まわるかたち

    まわるかたち

  • 写景盛花

    写景盛花

  • 初等科

    約3ヶ月(8単位)

    小原流のおけいこは、生活空間にいかせるかたちである「花意匠」というかたちから始まります。最初は「たてるかたち」「かたむけるかたち」と呼ばれる基本を学び、花の組み合わせや、バランスのとり方などを学びます。

  • 本科

    約3ヶ月(16単位)

    「花意匠」の応用型として「ひらくかたち」「まわるかたち」「ならぶかたち」というかたちを学びます。花の扱いにも少し自信がついてきて、お気に入りの器や小物を生かして、花をコーディネートする楽しみを覚えるのもこの頃からです。

  • 師範科1期

    約6ヶ月(16単位)

    花瓶に花を挿すという、身近でいて奥深いテクニックもこの頃から学びます。 「花意匠」も繰り返し練習して、表現力は大幅アップ。花の季節感や素材感をいかして、実際の生活の中でいけてみる楽しみが広がります。

  • 師範科2期

    約6ヶ月(16単位)

    小原流の特徴である「盛花」と「瓶花」を本格的に学びます。花の彩りの対比や調和を器の中で生かして、よりいけばならしい表現を覚えていきます。 また、センスをいかした自由なアレンジなども可能になり、表現の幅も広がります。

  • 准教授

    約6ヶ月(16単位)

    景色を水盤の中に表現する「写景」を学んで、小原流いけばなの真髄をつかみます。基本と応用、そして展開と、表現力にみがきをかけるのがこのコース。准教授の資格を取れば、いよいよ先生への道が待っています。

  • *1回のお稽古で1単位取得できます。
  • *各資格の所定単位を取得すると、その資格修了証を申請できます。
  • *資格は、先生から本部に申請され、修了証発行と同時に登録されます。