トピックス

  • 2018.10.19
    【NEW!】小原宏貴 初のオリジナル作品集『NOVUS PLANTS 奇想の植物』ついに完成!
    今年30歳を迎えた家元が、たくさんの花と触れ合ってきた中で、考えてきたこと、見えてきたものとは。
    対話を通して、植物たち本来の姿やメッセージを読み取り、組み合わせ、変化させることで生まれた、「NOVUS PLANTS(ノウス・プランツ)=新しい植物たち」を写真に収めた、初めてのオリジナル作品集が出来上がりました。
    本書のページをめくる度に次々と現れる、奇妙で独創的な植物に、きっと魅了されることでしょう。

    ※上記タイトルをクリックすると「小原宏貴公式サイト」につながります。詳細はこちらでご確認いただけます。
  • 2018.10.15
    【NEW!】ホテル雅叙園東京「いけばな×百段階段2018」作品展示のお知らせ!
    東京都指定有形文化財「百段階段」にて行われている特別展「いけばな×百段階段2018」第8期に、小原流が出品いたします。
    今年度は初の秋季開催となります。小原流は百段階段内3室での展示を担当し、東京都内4支部(東京、武蔵野、立川、多摩)合同で出品いたします。
    また、正面玄関では小原宏貴家元による公開制作も行われます。
    ぜひご観覧ください。

    小原流展示期間:2018年11月9日(金)~11月14日(水)
    ※百段階段の展示は木曜休館となります。
    家元公開制作:2018年11月8日(木)14:00~正面玄関にて
    会場:東京都指定有形文化財「百段階段」
    住所:東京都目黒区下目黒1-8-1 tel:03-5434-3140
    開場時間:10時~17時(最終入館16時30分)
    入場料:当日1,500円・前売1,200円・学生800円・通期フリーパス2,300円 ※小学生以下無料
  • 2018.10.11
    【NEW!】日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」今週のスタジオ作品
    小原流では、日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」へ美術協力としてスタジオ挿花をしています。
    毎週変わるスタジオのお花に是非、ご注目ください(写真は、今週の作品です)。

    ※上記タイトルをクリックすると「Oha!4 NEWS LIVE」のサイトを開きます。
  • 2018.10.02
    【NEW!】月刊誌「小原流挿花」2018年10月号が発売中!
    今月の特集 スパイス航路をゆく
    ●世界を動かしたスパイス 文/栗山保之
    ●歴史香る世界のスパイス料理 文/遠藤雅司
    ●世界のスパイス植物をいける いけばな/廣田 聡

    私たちの身近にあって、食べ物をより刺激的なものにしてくれるスパイス。古来より、貴重な交易品として海を渡り、経済を動かし、時には戦争までも引きおこしたといわれるスパイスの歴史を紐解きます。香辛料に魅了された人びとのダイナミックな歴史をお楽しみください。
      
    定価:669円(本体619円)
    ※上記タイトルをクリックすると、購読ページを開きます。
    ※会員でない方でもご購入いただけます。
  • 2018.09.25
    【NEW!】第3回宮城地区・学生いけばな競技会のご案内を開始いたしました!
    2017年より全国8か所に拡大開催された学生いけばな競技会。定員を大きく上回るお申込みをいただいた東京地区は、今年度より関東地区と東京地区に分け、2日間開催いたしました。
    ※上記タイトルをクリックすると、特設ページを開きます。

    担当:広報課
  • 2018.09.11
    【NEW!】松江市立松江歴史館にて「明治時代に羽ばたいた松江の人々」開催!
    今年が明治元年より数えて150年にあたることから
    明治時代に活躍した松江市ゆかりの人物を紹介する
    パネル展「明治時代に羽ばたいた松江の人々」が
    松江歴史館にて開催されており、同市出身(明治6
    年生)の小原流流祖 小原雲心先生も取りあげられ
    ています。お近くにお出向きの際は是非お立ち寄り
    下さい。

    主 催:松江市
    期 間:2018年30年9月8日(土)~10月31日(水)
        [ 9月30日迄] 8:30~18:30
        [10月 1日~] 8:30~17:00
        ※期間中の土日祝は21:00まで開館
    料 金:無料
    場 所:松江歴史館(興雲閣1階展示室)
        島根県松江市殿町279番地
        TEL0852-32-1607
    (資料提供:松江歴史館)

    ※上記タイトルをクリックすると「松江市立松江歴史館」のサイトを開きます